フィギュアレビューやフィギュア関連のイベント参加報告をしています。

値下げ中のフィギュアの紹介も行っています >> 値下げ情報

コトブキヤ 五等分の花嫁 中野四葉 レビュー

五等分の花嫁

コトブキヤさんより発売された『五等分の花嫁 中野四葉』をレビューします。

大人気アニメ『五等分の花嫁』より、五つ子の四女「中野四葉」がスケールフィギュアとなって登場。

腕を大きく伸ばした元気いっぱいなポージングで立体化されました。

 

製品詳細

作品 五等分の花嫁
シリーズ PVC塗装済み完成品フィギュア
発売月 2021年06月
税込価格 12,100円
税抜価格 11,000円
スケール 1/8
製品サイズ 全高:約220mm(台座含む)
製品仕様 PVC塗装済み完成品フィギュア
素材 PVC(非フタル酸)・ABS
原型製作 Salle cato

Ⓒ春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

 

商品パッケージ

白を基調としたパッケージ。

緑のバラとは非常にめずらしいですね。

 

ブリスター

フィギュア本体と台座。

それと、付け替え顔パーツが入っています。

 

台座

椅子付きの台座です。

固定されており、外すことはできません。

 

全体

元気の良い様がとても心地いいですね。

スタイルは他の4人と大差ないのに、随分と印象が変わるものです。

 

各部アップ

お目々ぱっちりですね(・∀・)

悪くはありませんが、少し幼すぎる印象を受けるお顔立ちです。

髪の発色が随分とよいですが、クリアパーツを使用しているのでしょうか (`・ω・´)?

トレードマークのリボンも可愛らしいです。

胸を突き出したような感じになっております。

ばいんばいんですね (・∀・)

スクールセーターの表現も細かくできていますね。

何気にスカート丈も短くて、太ももが眩しいです。

一花のスカート丈もかなり短かかったですが、四葉は天然そうなところがあざとい ( ˘ω˘ )

脚線美がいいですね。

珍しいタイプの設置方式ですが、それほど問題はありませんでした。

ソックスやローファーの出来も悪くありません。

 

フリーショット

元気いっぱい。

お目々もパッチリ。

肌の彩色もいいです。

髪の彩色も。

ぱっと見、クリアパーツっぽい。

ちゃんと歯まで作られているところが面白い。

発色いいですな。

後ろ髪もいいね。

ミディアムボブもかわいい。

毛先は少しだけ色合いが濃くなっています。

お胸の上にリボンが完全に乗っかてるの、何気にすごい (゚o゚;;)

制服のシワ表現がいいですね。

スクールセーターもシャドーがよく効いています。

シワ具合も、ちゃんと四葉の動きに合わせて作られていますね。

スレンダーです。

腕のラインも素敵。

上体を反る表現。

スカートはかなり短い。

太ももが眩しい。

しなやかさのある太ももです。

手で背もたれに掴まれます。

右足は少し浮いてしまいますね。

後ろからだと、ふつうに見えるような・・・。

脚も彩色がいいです。

ソックスとローファー。

艶があります。

固定はしっかりとしてそう。

若葉っぽいリボン。

お目々の虹彩表現がかなり細かい。

指先までちゃんとペイントされています。

お胸。

見上げるとすごい。

スカート色が鮮やか。

折り目もくっきり。

お尻のお肉が見えます。

艶がいいね。

椅子もよく作られていますね。

白。

もしやと思って、よく見れば、奥に熊の顔のような物が見えました。

はい、お子様おパンツです ( ^ω^ )

 

付け替え顔パーツ(ウインク顔パーツ)

ウインクしています。

管理人はこちらのお顔の方が四葉っぽくて、しっくりきました。

可愛らしいですね。

元気さが出てます。

これは、無自覚に人を好きにさせてくるやつ ( ˘ω˘ )

リボンの印象か、このカット、下から生えてきた感があって面白い。

この顔には、髪の動きもマッチしている感じがします。

ん〜可愛い。

 

付け替え顔パーツ(コトブキヤショップ限定)

「全力応援顔パーツ」着用。

こちらは純粋に無邪気といった表情ですが、かなり印象が変わりましたね。

歯の表現が面白い。

チークも強めに。

眉の形も変わっています。

面白い表情です。

 

まとめ

顔パーツによって、印象がコロコロと変わる作品ですね。

造形と彩色は良かったかと思います。

髪の発色は特に良く、長さこそありませんが、見栄えはいいです。

あとは、ポーズによるものでしょうが、特にお胸が強調されていますね。

無自覚にスタイルの良さを見せつけてくれるところは、さすが四葉といったところでしょうか。

それと、管理人はお子様おパンツまで再現してくれると信じていましたが、ちゃんとありましたね。

コトブキヤさんが見事いい働きをしてくれました ( ^ω^ )

以上、「コトブキヤ 五等分の花嫁 中野四葉」でした。

 

同シリーズの作品は、こちらでレビューしています。

Posted by マル