フィギュアレビューやフィギュア関連のイベント参加報告をしています。

値下げ中のフィギュアの紹介も行っています >> 値下げ情報

マックスファクトリー To LOVEる-とらぶる- ダークネス 古手川唯 レビュー

To LOVEる-とらぶる-, おすすめ

マックスファクトリーさんより発売された『To LOVEる-とらぶる- ダークネス 古手川唯』をレビューします。

TVアニメ『To LOVEる-とらぶる- ダークネス』より、ハレンチな事が嫌いな風紀委員の「古手川唯」が1/6スケールで立体化されました。

同シリーズの作品は、こちらでレビューしています。

 

製品詳細

商品名 古手川唯 (こてがわゆい)
作品名 To LOVEる-とらぶる- ダークネス
メーカー マックスファクトリー
カテゴリー その他スケールフィギュア
価格 14,300円 (税込)
発売時期 2021/04
仕様 ABS&PVC 塗装済み完成品・1/6スケール・専用台座付属・全高:約260mm
原型制作 なかやまん(マックスファクトリー)
彩色 あきもとはじめ
発売元 マックスファクトリー
販売元 グッドスマイルカンパニー

©矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社・とらぶるダークネス製作委員会

 

商品パッケージ

寸法は、これまでのシリーズと同様の仕様ですね。

エメラルドグリーンが基調の装丁になっています。

 

ブリスター

フィギュア本体と台座。

付け替え髪飾りパーツが入っています。

 

台座

台座もこれまでのシリーズと同様です。

古手川ちゃんの名前が入っていますね。

 

全体

造形と彩色はいい感じですね。

純白の色調とパールカラーの組み合わせはたいへん相性が良く、透明感を感じます。

 

各部アップ

可愛らしいお顔立ちです。

表情は柔らかめで、ツンとした感じはしません。

黒髪ロングは純白のランジェリーに映えますね( ^ω^ )

もうこれだけで完成していると思えるほど。

矢吹先生のムッチリとしたタッチがよく表現できていると思います。

肌の彩色もいいですね。

ランジェリーの色合いに同化してしまわない程度に、自然に際立っています。

お尻のムッチリ感もよく出ています。

ガーターベルトもえっち(>∀<)

ニーソはデザインといい、パール塗装といい、かなり見栄えがいいですね。

差込部分は一つだけなので、台座に差し込むときは少し注意が必要かもしれません。

なかなか様になる立ちポーズ。

 

フリーショット

可愛らしいお顔立ち。

黒髪も艶があります。

毛先は細かく作られています。

見上げ気味に。

流し目。

サラサラ感もありますね。

スジ彫りは細かいです。

風に煽られているような印象も受けます。

後ろ側はサラサラ感がよく伝わりますね。

胸元は開けています。

なかなかのものをお持ち。

二の腕のムッチリ感とか、たまりませんね。

見上げてみたり。

パール塗装が光ります。

デザインも素敵。

タイトな感じも出ています。

細かく枝分かれ。

毛先は跳ねるような仕上がり。

背中側も開けています。

太ももに手を添えてます。

フリルもよく表現できています。

さすがハレンチ委員長。

ハレ散らかしてます。

ニーソとガーターリングもいいデザインですね。

シャドーも入っています。

単調な色合いでないところなども評価できます。

足元。

髪飾りは少し隙間ができてしまいます。

アイプリもキレイ。

お胸の谷間。

肌は透明感もありますね。

耳もチラリ。

毛先も入り組んでいます。

色白すぎない、絶妙な肌色。

ガーター越しのおパンツがえっち。

造形が細かいですね。

おパンツもパール塗装が映えます。

ツヤが強いので、水着っぽくもある。

ガーターリングもシワが細かく作られています。

ツヤツヤ。

差込が少し心配。

 

ヴェールあり

ヴェールがあると、髪の動きが出て、見た目が良くなりましたね。

ヴェールには刺繍も入っています。

 

まとめ

本シリーズの中でも、なかなか上位に食い込む作品かと思います。

途中何度か延期されたこともあり、前作からかなり間が空いてしまいましたが、無事発売されてよかったです。

純白のランジェリーはシンプルですが、それゆえに強いですね。

肌の色合いもよく、色白すぎないため、純白のランジェリーともよくマッチしています。

ヴェールの差込も難しくないため、初心者にもお勧めできますね。

以上、「マックスファクトリー To LOVEる-とらぶる- ダークネス 古手川唯」でした。

Posted by マル