フィギュアレビューやフィギュア関連のイベント参加報告をしています。

MAGIC MOULD AKA Re:2ing レビュー

オリジナル

MAGIC MOULDさんより発売された『AKA Re:2ing』をレビューします。

イラストレーターneco氏が描く「赤の狩人」が1/7スケールで登場。

ダークな世界観と耽美的な雰囲気を身に纏う、スレンダーな少女のフォルムで立体化されたものです。

 

製品詳細

商品名 AKA Re:2ing (あか り:とぅーいんぐ)
作品名 AKA Re:2ing
メーカー MAGIC MOULD
カテゴリー 1/7スケールフィギュア
価格 20,000円 +税
発売時期 2021/02
仕様 ABS&PVC 製塗装済み完成品・1/7スケール・専用台座付属・全高:約240mm
原型制作 カーブモデルズ
彩色 星名詠美
企画制作 MAGIC MOULD
発売元 MAGIC MOULD
販売元 グッドスマイルカンパニー

©neco

 

商品パッケージ

白と赤を基調としたシンプルな装丁です。

本作のシンボルでもある大きなハサミのイラストが入っています。

 

ブリスター

ブリスターは2段構成。

フィギュア本体と椅子は前のブリスターに。

台座とハサミが後ろのブリスターに入っています。

 

全体

ダークな雰囲気を醸し出しつつ、かっこいい作品になっていますね。

設置に関しては少し不安あり、椅子の前脚が浮いているため、衝撃に弱そうです。

 

各部アップ

少しだけ中性的な面影も残しつつも、美人さんなお顔立ち。

童話の赤ずきんちゃんを連想させますが、近未来的な雰囲気を出しています。

メッシュの入ったおさげもおしゃれです。

背面はフードコートに覆われています。

ここにも赤ずきんちゃんを連想させる、狼のシンボルが入っています。

衣装は黒ビキニとパーカーと、大胆な装い。

肌は色白ですが、不自然すぎることはありませんね。

あと、お腹にシックスパックができている点が重要です( ˘ω˘ )

椅子の背もたれは、かなり特殊な造形ですね。

コートは背中全てを覆っています。

スレンダーで健脚ですね。

ブーツの形状も素晴らしい。

台座は鏡面仕上げが凄まじく、鏡に写っているかのようです。

椅子とハサミはメタル感がよく出ていると思います。

椅子の脚が浮いているのは気になりますが、サンプル画面を見る限りは、仕様のようですね。

 

フリーショット

かっこいいお顔立ち。

鼻の形が意外と好み。

唇のふっくら感も。

赤ずきんっぽいフード。

コートの色合いがステキ。

眉も太くて、凛々しいですね。

おさげにはメッシュ。

お胸は控えめ。ビキニの面積も小さいですね。

腕にコートが乗っかっています。

太ももも細身ですね。

植物の蔦のような背もたれです。

コートはシワ表現もほどよい感じ。

ハサミはほぼ原寸大ですが、意外と精巧に作られています。(こんなの欲しい・・・)

黒パンもチラリ。

ベルトも多く、ウエスタン衣装みたいです。

ブーツのジッパー部分も精巧です。

色白な御御足。

ブーツは艶も素晴らしい。

メタル部分の彩色もいいね。

腹筋サイコー(・∀・)

背もたれも色合いがいい。

アイプリの作風も特殊ですね。

缶バッジかな?イラストも細かいです。

メッシュは少し色がはみ出てます。

このシンボルは何だろう?

ブラ部分は面積少なめ。

パーカーは下の方で留まってますね。

手袋も艶あり。

これはチャックかな?

メタル感は本物志向です。

デザインがカッコ良すぎますね。

先端に向かうにつれて、赤くなっていきます。

ハンター組織でもあるのだろうか?

背もたれには薔薇の意匠もあります。

 

まとめ

造形や各パーツのディティールはかなりの見ものです。

赤いコートの色合いは鮮やか。ハサミのメタル感も重厚さがよく出ています。

お顔立ちは、中性的なところが良いですね。

作品の世界観がダークなイメージもあり、可愛らしさよりもかっこよさが目立つ作品です。

問題は、設置に関してですかね。

椅子の前脚部分が浮いてしまうので、衝撃にかなり弱そうです。

以上、「MAGIC MOULD AKA Re:2ing」でした。

Posted by マル