フィギュアレビューやフィギュア関連のイベント参加報告をしています。

2020年記事まとめ

今年も残りわずかとなりましたね。

当サイトにアクセスいただきました方々、そしてご紹介してくださった方々、誠にありがとうございました。

 

本年は新型コロナウイルスの蔓延もあり、主だったフィギュア関連のイベントもほとんど見送りとなってしまいましたね。

それと同時にオンラインでの開催など、これまでと異なるアプローチもあり、今までイベントに参加できなかった方々にも参入しやすい動きもありました。

ワンフェス2021冬もまだ開催が決定しておりませんが、無事に開催できることを祈るばかりです。

 

本年はイベントがなかった分、記事数は下がってしまいましたが、レビューしたフィギュア数は多くなったようです。

発売の延期がもともと多い業界ではありますが、新型コロナウイルス騒動の影響で延期されたフィギュアも多い中では、珍しい状況になっております。

今月発売されたフィギュアもまだ積み残しがありますが、こちらのほうのレビューは来年に回させていただきます(^_^;)

 

たくさんレビューしましたので、今年も当サイトで人気のあった記事のご紹介と総評をしようかと思います。

お暇な方はお付き合いくださいませ〜( ˘ω˘ )

 

第10位 アルター アズールレーン 愛宕 真夏の行進曲Ver.

アズールレーンから「愛宕 真夏の行進曲Ver.」がランクインです。

アズールレーン作品は昨年から勢いづいてきておりますが、今年から水着スキンVer.が本格的に発売されてきており、本作はその代表作と言っても過言ではないほど、よくできていたかと思います。

愛宕のわがままボディーが忠実に再現されており、うねるような髪やシースルー仕様の水着の造形も美しく、見栄えの良い一品です。

 

第9位 F:NEX Re:ゼロから始める異世界生活 ラム -白無垢-

Reゼロからラムの白無垢Ver.です。

以前、同メーカーよりレムの白無垢Ver.も発売されましたが、ラムも発売されました。

白無垢は幾何学的な模様とパール塗装が美しく、見た目もめでたいので、飾り映えする作品です。

この白無垢シリーズは、F:NEXさんのオリジナルシリーズですが、今後はReゼロ以外の作品のキャラクターも徐々に発売されるようです。

 

第8位 スカイチューブ 宇佐田 ゆう Pink Ver. illustration by saitom

昨年に引き続き、宇佐田 ゆうがランクイン。

今回は、アナザーカラー仕様です。

本家の宇佐田 ゆうがかなり人気だったためか、間髪入れずに発売が決まった作品です。

イラストレーターsaitomさんの作風を残しつつ、わがままボディーが大迫力で再現されています。

キャストオフ可能な点も評価高しです。

 

第7位 ファット・カンパニー Fate/Grand Order セイバー/宮本武蔵

「Fate/Grand Order」から武蔵ちゃんです。

Fateシリーズからは、唯一のランクインです。

赤と青のコントラストが効いた衣装が素晴らしい一品です。

武蔵ちゃん自身もわがままボディーの持ち主ですが、妙にエロ成分を追求していない分、純粋に楽しめる作品です。

豪華絢爛といった感想がよく似合う作品です。

 

第6位 アルター To LOVEる-とらぶる-ダークネス 西連寺 春菜

自己評価はイマイチでしたが、レビューされているサイトがあまりなくアクセスが集中したためか、ランクインしました。

造形は良かったのですが、紅潮色が強く、好みが分かれそうな一品です。

これがなければ、名作にもなり得たのですが・・・。

 

第5位 スカイチューブ コミック阿吽 吹石 花 かけてみる?Ver. illustration by 深崎暮人

意味深なタイトルの作品です( ̄▽ ̄;)

深崎暮人さん作品のキャラクターは今年も上位にランクインしております。

バニースーツは軽装ですが、パール塗装されていて、なかなか高級感を感じさせる作品になっています。

キャストオフも可能なので、二度楽しむことができます。

 

第4位 スカイチューブ 魔太郎先生オリジナル 野球娘 illustration by 魔太郎

魔太郎さん作品から、野球娘です。

今年は魔太郎さんの作品のキャラクターが大いに活躍した年でしたね。

むっちりとした肉感と、大迫力のお胸の造形が輝く一品です。

アナザーカラーVer.の発売も決定しており、そのタイミングでアクセス数が増えたことも要因の一つと考えています。

年末近くに発売されたリリスもかなり出来が良かったのですが、タイミングの関係上、ランクインしませんでした。

こちらは来年紹介できるといいですね。

 

 

 

ここからは、TOP3の発表です。

 

 

 

第3位 KADOKAWA 冴えない彼女の育てかた 加藤 恵 抱き枕Ver.

冴えカノから加藤ちゃんです。

昨年は同シリーズの詩羽先輩もランクインしましたね。

肌の色合いに違和感があったこと以外は、なかなかよくできていたかと思います。

正面からは見えないですが、制服も背中側まできちんと作成されています。

あとは、シチュエーションの問題上で設置が難しいため、これさえ解決できればなぁ、と思います。

 

第2位 コトブキヤ オーバーロード イビルアイ

オーバーロードからイビルアイです。

ある日突然アクセスが集中したため、Googleクローラーが要因かもしれませんが、結果は結果なのでご紹介。

特に悪い点もなく、ファンタジー世界観にマッチした作風に仕上がっていると思います。

金髪もクリアパーツを使用しているのか発色がよく、見栄えが良いです。

オーバーロード作品ではアルベドさん一強の状態になっていますが、今後は他のキャラクターにもスポットが当たるといいですね。

 

そして、第1位は・・・

 

 

第1位 キューズQ エロマンガ先生 和泉紗霧 エンディングmode


エロマンガ先生から「和泉紗霧 エンディングmode」です。

エンディングシーンのピョンピョン跳ねる紗霧ちゃんが可愛らしい一品です。

例のアレ(asahiwa.jpさん)が造形されていることも話題になり、発売後すぐにプレ値がつくという事態になりましたね。

あとは、本作のレビューをされているサイト様があまりないためか、当サイトにもアクセスがけっこう集中したことも要因かと思います。

キューズQさんはお値段のわりに高品質な作品をお届けしてくれるため、オススメのメーカーさんでもあります。

今後も良き作品を世に出してくれますように( ˘ω˘ )

 

さて、当サイトで人気だった記事をご覧いただきましたが、いかがだったでしょうか。

このようにランキングを決められるのも、ひとえにアクセスいただいた皆様のおかげです。

来年度もこの調子で更新できればと思いますので、今後ともお立ち寄りしやすいサイトを目指して、精進いたします。

本年はありがとうございましたm(_ _)m

Posted by マル