フィギュアレビューやフィギュア関連のイベント参加報告をしています。

値下げ中のフィギュアの紹介も行っています >> 値下げ情報

ファット・カンパニー SSSS.GRIDMAN 新条アカネ レビュー

SSSS.GRIDMAN

ファット・カンパニーさんより発売された『SSSS.GRIDMAN 新条アカネ』をレビューします。

TVアニメ『SSSS.GRIDMAN』より才色兼備、才貌両全の最強女子「新条アカネ」が立体化されたものです。

 

製品詳細

商品名 新条アカネ (しんじょうあかね)
作品名 SSSS.GRIDMAN
メーカー Phat!
カテゴリー 1/7スケールフィギュア
価格 14,800円 +税
発売時期 2020/10
仕様 ABS&PVC 製塗装済み完成品・1/7スケール・専用台座付属・全高:約195mm
原型制作 iTANDi
彩色 Noa
制作協力 阿部昂大(Fenrir)
発売元 Phat!
販売元 グッドスマイルカンパニー

©円谷プロ ©2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

 

商品パッケージ

1/7スケール作品ですが、パッケージ箱はかなり小さめです。

劇中の電柱越しに広がる夕暮れ空が、背景としてプリントされていますね。

 

ブリスター

ブリスターは2段構成です。

前のブリスターにはフィギュア本体と付け替え用パーツが入っています。

後ろのブリスターには台座のみが入っています。

 

台座

作品ロゴの「SSSS」の部分を台座にしたもの。

 

全体

全体をぐるっと。

アカネちゃんのほうは前屈みなポーズ。

だけど、後ろにはカッターナイフを持っていて、ちょっとサイコな演出(^_^;)

 

各部アップ

お顔立ちはアニメと比較すると、少し縦にパーツが離れているように感じますかね。

もう少し横にふっくらした感じだったような。

表情の造形は見所かと思います。後ろにカッターナイフを持っている点も考えると、不気味な笑顔で怖いです。

六花ちゃんの笑顔とは意味合いが違いますからね( ̄▽ ̄;)

セミショートの髪。

紫色の髪ですが、白色よりですかね。

グラデーションはキレイだと思います。

紫色のパーカーも丁寧に再現されていますね。

お胸はご立派なものをお持ちです。

パーカーからお胸が飛び出ているのがすごくいいですね( ˘ω˘ )

狂気を感じる背面側ですねー(((;゚Д゚)))

カッターナイフの造形に力が入っているのも不気味。

パーカーには怪獣チックなフードもついていて、可愛らしいですね。

黒ストッキングです。

表面にはツヤもあって、見栄えが良いですね。

シャドー表現もよくできていますね。

 

全体(付け替えVer.)

パーツを付け替えて、全体をぐるっと。

頭部にはヘッドホンとメガネ。

左手には怪獣の模型がくっついています。

オタク感がやや増したような印象ですね。

 

各部アップ(付け替えVer.)

メガネをかけるとちょうど良いくらいのレイアウトになりますね。

面長だったのは、メガネの造形に足を引っ張られたのかな(`・ω・´)?

メガネはよく見ると、ヒビが入っております。(仕様です)

ヘッドホン部分はよくできていますが、コードの部分は強度に不安がありますね。

あまり強く引っ張ったりすると、ポキっといきそうです。

左ポケットに差し込む穴が空いているのですが、うまくセットできませんでした。

無理やりねじ込もうとすると折れそうなので、残念ながら断念(_ _;)

怪獣の模型です。

掌にセットされているため、取り外しはできないようです。

 

フリーショット

笑顔だけど、感情が感じられない・・・。

髪色は白色に近い紫色。

お胸の主張がすごい。

後ろ髪はサラサラ感がよく出ています。

ブラウスのシワ表現もよい。

ばいんばいん。

パーカーから脱皮してるみたい(^^;

怪獣チックなパーカー。

フードのトゲトゲが可愛い。

カッターナイフがキラリ。

黒ストッキング。

シャドー表現もいいですね。

ローファーも良い出来です。

大きい・・・。

この辺りはシワ表現が細かいですね。

やたら細かく作られているカッターナイフ。

爪先までちゃんと造形。

こっちのアカネちゃんはなぜか好感が持てる( ˘ω˘ )

ヘッドホンもなかなか良い出来。

コードの接合部分とかは外れそうで怖いな・・・。

微妙にポケットに入らない・・・。

無理やりセットすると壊れそうだし・・・。

怪獣さん。

コードの分かれ目も強度が不安。

メガネはヒビまで表現。

黒ストごしのおパンツ。

 

まとめ

造形と彩色はいい感じですね。

六花ちゃんは柔和な感じの笑顔がステキでしたが、アカネちゃんのほうは闇を感じる笑顔がステキですね(?)

お顔は少々面長な感じでしたが、プロポーションは絶妙でした。

あと、難点はヘッドホンのコードが微妙にセットしにくいことですかね。

ピンセットでもなかなか難しい上に、強度も頼りないので、気になる方は深追いしない方がよさそうです。

以上、「ファット・カンパニー SSSS.GRIDMAN 新条アカネ」でした。

Posted by マル