SHIBUYA SCRAMBLE FIGURE Re:ゼロから始める異世界生活 レム -Crystal Dress Ver- レビュー

eStream, KADOKAWA, Re:ゼロから始める異世界生活, SHIBUYA SCRAMBLE FIGURE

SHIBUYA SCRAMBLE FIGUREさんより発売された『Re:ゼロから始める異世界生活 レム -Crystal Dress Ver-』をレビューします。

『Re:ゼロから始める異世界生活』より、レムが繊細で可愛いドレス姿で立体化されたものです。

 

製品詳細

商品名:Re:ゼロから始める異世界生活 レム -Crystal Dress Ver-
サイズ:1/7スケール PVC製塗装済み完成品
大きさ:高さ298mm x 幅331mm x 奥行き305mm
予約期間:2020年1月18日(土)12時~受付開始予定
原型:(株)デザインココ
彩色:(株)デザインココ
ディレクター:おうたむ
製造:株式会社アルファサテライト
販売元:(株)eStream
署名表記: ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

 

全体

全体をぐるっと。

以前、ワンフェスでデコマスを拝見しましたが、やはりかなり大きいですね。

改めて見ると、とてつもない存在感です。

まるで水晶をイメージしたような独特なドレスを着飾ったレムりんが美しいこと( ˘ω˘ )

台座は取り外し不可で、フィギュア本体との一体型になっています。

まぁ、これだけ入り組んだ台座が手軽につけ外しできようものなら、破損しないかすごく気になりますよね(・ω・;)

 

各部アップ

お顔は可愛らしく仕上がっていますね。

前髪はクリアパーツも使用しているようです。

ヘアバンドの飾りやヴェールがヤバイくらい精巧ですね。

肌の色合いはやや色白ですが、いい色合いです。

衣装の配色もあるかもしれませんが、透明感もよく出ています。

ショートカットですが、毛先はかなり細かく作られています。

グラデーションもかかっており、毛先に向かうほど色合いが濃くなっています。

肩甲骨の造形もセクシー( ^ω^ )

本作のテーマ、クリスタルドレスの部分です。

クリア素材を使用することで、クリスタルをイメージした色合いを表現しているようです。

クリア素材も生地ごとに透明度が異なるみたいで、それぞれの生地の特性を使い分けて作られているみたいです。

透明度をそれぞれ分けることで、単調的ではなく多層的な感じに見えるんですね。

これはすごいΣ(゚д゚lll)

後ろ姿はスカートが風に煽られて、ほぼ隠れちゃっていますね。

近づけば背中は確認できますが、なかなか撮影が難しいですね( ̄▽ ̄;)

肌の彩色がいいので、太ももも眩しいですね。

セットが刺々しいので、柔らかそうな太ももがあると安心できます(?)

スカートの先の方には細かな刺繍まで表現されています。

水滴をイメージさせるような模様で、ドレスのイメージにマッチしていますね。

セットの後ろ側はほぼクリスタルで埋まっています。

ニーソもパール塗装やシャドー表現が行われていて、手が込んでいますね。

 

フリーショット

守りたいこの笑顔。

ちゃんと両眼が見えるのがいいですね。

水属性感ハンパない。

ヘアバンドの作りはかなり凝っています。

ちょっと鬼っぽくも見える。

ショートカットですが、毛先は細かく表現。

大きなお胸。

大胆に開けていますね( ˘ω˘ )

クリスタルローズ。

ネックレスみたいなアクセサリー。

コルセットも独特なデザインです。

氷が水に変わろうとしているかのようなグラデーション表現です。

透明度の異なるクリアパーツが層のようになっています。

指先まで丁寧にペイント。

薔薇をイメージした刺繍が入っています。

フワッと感すごい。

背中がセクシー。

むっちりとした太ももです( ˘ω˘ )

謎の光に次ぐ、謎の水です。

隙間から見えるのが、逆にちょっとえっち。

こちらは水滴のような刺繍。

セットの前側は、水が舞い上がっているようなエフェクト。

前側は水、後ろ側は氷で守られているような印象を受けますね。

厚底靴なのがどことなく可愛らしい。

コルセットとドレスの境目。

透明度だけではなく、色彩も異なります。

シワ表現もあり。

隙間からチラリ。

ヴェールは刺繍もすごく細かい。

リボンも可愛い。

毛皮とは違うのかな?

薔薇の刺繍がキレイ。

こちらのクリスタルはやや緑がかっています。

水流が舞う。

流線型の造形が光る。

こちらは対照的に硬質的。

クリスタルが支柱の代わりになっています。

クリスタルの方もグラデーションがいいですね。

セットの前側と後ろ側で、「動と静」の表現が分かれていて、感慨深い。

薄ピンク。

隙間から見えるのがえっちすぎる(`・∀・´)

ニーソもパール塗装。

 

まとめ

突如、電撃発表のあった作品でしたが、意外とすぐに発売されましたね。

造形と彩色に関しては、かなりのクオリティといっても過言ではないでしょう。

本作のテーマであるクリスタルドレスは、それぞれ透明度が異なるクリア素材で作られているようで、多層的にデザインすることによって、見た目の華やかさが段違いです。

それだけでも見応え十分ですが、細かな刺繍まで作られている点を考えると、かなりの手間がかかっていますね。

セットの前側は液体の流線型な造形が素晴らしいですが、後ろ側のクリスタルの硬質な造形も捨てがたいですね。

水が氷に変質している様をイメージしているのでしょうか?

情報量が多い作品なので、見ようによって、いろいろ解釈できる点も面白いですね。

お値段それなりなので見送った方々も多いと思いますが、飾り映えすることは間違いない作品でしょう。

以上、「SHIBUYA SCRAMBLE FIGURE Re:ゼロから始める異世界生活 レム -Crystal Dress Ver-」でした。

Posted by マル