Pink・Cat Tonyオリジナルキャラクター サヴァナワイルダー レビュー

native, Pink・Cat, Tony

Pink・Catさんより発売された『Tonyオリジナルキャラクター サヴァナワイルダー』をレビューします。

ヒョウ柄ビキニと破けたホットパンツのワイルドファッションが目をひく女の子、サヴァナワイルダーが立体化されたものです。

こちらは、通常Ver.のレビューとなります。

キャストオフVer.のレビューは、こちら(18歳未満閲覧注意)でしています。

 

製品詳細

商品名 サヴァナワイルダー
JANコード 4582533290050
発売時期 2020年09月
案内日 2020年03月27日
メーカー名 Pink・Cat
原型師 小澤真吾
作品名 Tonyオリジナルキャラクター
仕様 PVC・ABS 塗装済み完成品 1/7スケール 全高:約20cm
対象年齢 18歳以上

©Tony

 

商品パッケージ

黄色い装丁のパッケージ箱です。

ヒョウ柄を意識しているのか、黒字でタイトルが入っています。

 

ブリスター

フィギュア本体と台座。

付け替え用のお顔パーツとブーツの片方が入っています。

 

台座

サバンナを意識した台座なのかな?

 

商品パッケージ

全体をぐるっと。

健康的なボディラインが光る造形となっていますね。

どういう状況なのか全くわかりませんでしたが、しなやかな表現がよくできていますね(^_^;)

尻尾と手のダボにはめ込んで台座にセットしている形ですが、体勢が特殊なので転倒しないかが気になりますね。

 

各部アップ

お顔ですが、Tonyさんのキャラデザを反映できているかと問われれば、少し違和感がありますかね。

アイプリはキレイにできているんですけどね。

ネコ耳や髪の造形も問題なくできているように思えます。

後ろ髪はかなり細かく掘り込まれている模様。

ネコ耳は、後ろから見ると先端に向かうにつれて、黒くグラデーションがかかっていますね。

お腹周りは健康的な造形ができています。

ブラとホットパンツは簡単に外せる仕様になっていますね。

止める箇所があるわけではなく、ちょうどいいくらいの位置にセットしているだけです。

よく見ると上はセーラー服なんですね。

なんとも不思議な世界観です。

尻尾はもふもふとした造形に。

縞々にグラデーションがかかっている点も見栄えがキレイですね。

あとは・・・、尻尾が岩に差し込まれたまま、すっぽ抜けないか気になりますねー。

スラっとした脚。

肌の色合いも透明感があってキレイです。

実際に走りやすいかは別として、ブーツの造形と彩色はかなり力が入っていますね。

後ろから見ると、シャープな造形ですね。

 

フリーショット

アイプリはキレイ。

ネコ耳はモフみを感じる造形。

髪もサラサラ感があります。

後ろ髪は彫り込みが細かい。

ヒョウ柄のビキニ。

こういうデザインなのか・・・?

セーラ服という世界観。

縞々の尻尾。

モフみあり。

脚を持ち上げています。

ホットパンツがスポーティな感じを出しています。

健脚と言わざるを得ない。

太ももにはベルト巻いています。

爪先まで丁寧にペイント。

縞縞模様にグラデーション。

尻尾が本体から外れないか、ちょっと心配。

スラっとした脚。

本格的な造形と彩色。

程よいツヤもいい味出しています。

脱ぎ捨ててます。

ピーンとしてます。

膝裏を抱えています。

ホットパンツをアップ。

 

まとめ

エレインと比べると、お顔の方は少し見劣りしてしまいますかね。

エレインの方が幻想的な仕上がりならば、こちらのサヴァナワイルダーは野性味のある仕上がりになっています。

ボディラインが猫化動物のようにしなやかで、機敏性を感じるような造形になっていてとても素晴らしかったです。

ネコ耳にセーラー服、そして脚を持ち上げるポーズといったように、世界観が謎で突っ込みどころが多いですが、たいへん面白い作品でした。

以上、「Pink・Cat Tonyオリジナルキャラクター サヴァナワイルダー」でした。

Posted by マル