アマクニ To LOVEる-とらぶる-ダークネス 古手川唯 レビュー

AMAKUNI, HobbyJAPAN, To LOVEる-とらぶる-

AMAKUNI(アマクニ)さんより発売された「To LOVEる-とらぶる-ダークネス 古手川唯」をレビューします。

画集『Harem Gold』のカバーイラストをモチーフに、古手川唯がセクシーなアラビアン衣装にて立体化されたものです。

本シリーズも、早くも3作品目となりましたね。

 

製品詳細

●受注期間/2018年12月25日~2019年2月14日
●価格/12,960円(税込)+送手数料別
●発送/2019年7月~8月発送予定
●仕様/彩色済みPVCモデル 1:7スケール 全高約23cm
●原型製作/橋本涼
●彩色見本製作/五日市歩
●ホビージャパン限定受注アイテム

 

商品パッケージ

これまでと同様にアラビアン様式のイメージを反映したパッケージです。

古手川ちゃんのイメージとは少し趣の異なる、淡い緑色の装丁になっています。

 

ブリスター

フィギュア本体と台座のみのシンプル構成です。

 

台座

パッケージに合わせる感じで、エメラルドグリーンに近い色合いの台座です。

古手川唯のロゴも入っていますね。

 

全体

全身をぐるっと。

造形に関しては、よくできているかなと思います。

肉付きも良く、えっちぃ仕上がりになっていますね。

彩色に関しては、関節部や指先の紅潮色がやや濃すぎる気がしますかね。

 

各部アップ

お顔はキャラデザを反映した形に仕上がっていますね。

ムッとしたような表情が可愛らしいです。

紅潮色も上半身に関しては、あまり目立たないように感じます。

古手川の黒髪ロング。

髪先はグラデーションがかかっています。

本シリーズの醍醐味ともいえるアラビアン衣装です。

金色の彩色で、相変わらず高級感があります。

お腹周りは腹筋の造形もされていて、健康的でいいスタイルになっております。

それと、前シリーズのネメシスと金色の闇には、衣装に前掛けがありましたが、古手川ちゃんは丸出し状態です。

ハレンチすぎるでしょー(;*゚∀゚)=3

お尻は隠すのね(^_^;)

いや、それにしても十分丈が短いのですが。

背中のラインもきれいですね。

下半身の中でもとりわけ目立つのは脚ですかね。

やはり、この紅潮色は目立つような・・・(^^;

特に、指先は際立っいて、痛々しいくらい赤くなっていますね。

足裏は色白なので、比較すると表側のピンク色が余計に目立ちますかね。

何もしなかったほうがよかったかもですね。

 

フリーショット

 

まとめ

ハレンチになってしまった古手川ちゃんでした。

造形に関しては、AMAKUNIさんの作品だけあって素晴らしかったです。

衣装のデザインもキャラクターによって、個性があるため、いくらでも集められそうです。

彩色に関しては、下半身の紅潮色が目立ちますかね。

色合いが濃すぎて、やや痛々しく見えてしまいましたので、少々残念です。

以上、「アマクニ To LOVEる-とらぶる-ダークネス 古手川唯」でした。

Posted by マル