コトブキヤ アズールレーン イラストリアス(終わらないお茶会ver.) レビュー

KOTOBUKIYA, アズールレーン

コトブキヤさんより発売された「アズールレーン イラストリアス(終わらないお茶会ver.)」をレビューします。

大人気スマートフォン専用シューティングゲーム『アズールレーン』より、「イラストリアス」が
立体化されたものです。

今回は、通常バージョンの出で立ちではなく、お茶会シリーズとして実装された「終わらないお茶会」スキンを着用したものです。

ガーデンチェアに腰掛け、優雅にお茶を嗜む姿は、まさにロイヤル陣営にふさわしい一品となっています。

 

製品詳細

作品 アズールレーン
シリーズ PVC塗装済み完成品フィギュア
発売月 2019年07月
スケール 1/7
製品サイズ 全高 約200mm
価格 16,000円(税抜)
製品仕様 PVC塗装済み完成品フィギュア
素材 PVC(非フタル酸)・ABS
原型製作 榊馨(Wonderful Works)

 

商品パッケージ

前回レビューした、プリンツ・オイゲンと同じくらいのサイズの商品パッケージです。

いつもこれくらいのサイズならば、嵩張らなくてよいのですが(^_^;)

星屑をイメージした光表現など、なんともお上品な印象です。

 

ブリスター

フィギュア本体とガーデンチェア。

ティーカップとソーサーも付いていますね。

少しぼやけて見えにくいですが、艤装のようなものもあります。

 

ガーデンチェア

台座なしです。

このガーデンチェアが台座代わりといったところですね。

背もたれの部分は、かなりこだわったディティールのようです。

 

全体

素晴らしい造形と彩色ですね(・∀・)

ぱっと見の印象から、高貴さがにじみ出ていますね。

なるほど。艤装はテーブルとして使用している感じでしたか、面白い表現です。

 

各部アップ

かなり原作に忠実なお顔をしているようですね、安心しました。

お胸に飛び込んでも、もしかしたら許してもらえるんじゃないだろうか、と考えてしまうくらいの包容力があります( ˘ω˘ )

同じ銀髪でも、プリンツ・オイゲンの銀髪とは少し趣が異なり、パール表現が入っていますね。

衣装や髪飾りなども少し強めにパール表現が入っている気がします。

そして、お胸のほうもロイヤル級。さすがですね( ^ω^ )

後ろ髪はさらにパール表現が強めです。

掘り込みの間の陰影といい、素晴らしいの一言です。

これは、傷がつくと凹むなぁ(^_^;)

ロイヤル級のお胸(2回目)( ^ω^ )

その大きさによるものか、お腹周りがかなり細めに見えます。

ティーセットの方も、ドールハウスにあるものかと思うくらいよくできています。

お股の方はぴったりと閉じられていました。ガードの方もロイヤル級(;ω;)

ガーデンチェアは細かく作り込まれていますね。

背中部分はフリーショットの方でご紹介しますが、とにかく背中のラインが綺麗でした。

肩甲骨などは、今年のベスト・オブ・肩甲骨(何ソレ)なんじゃないか、と思わんばかりの出来です。

ここまであまり触れてきませんでしたが、衣装の青みも素敵です。

静かな佇まいを連想させます。

艤装なので、当然空母要素はあります。

やはりこの表現面白いですよね( ^ω^ )

 

フリーショット

 

まとめ

アズールレーンの中でも人気の高いイラストリアスですが、初立体化は限定スキンからでしたね。

本作はコトブキヤショップ限定品でしたが、限定品にふさわしいだけの力の入りようでした。

まあもっとも、今のところコトブキヤさんのアズレンフィギュアはハズレがないんですけどね。

これは次のセントーにも期待が高まってしまいます。

以上、「コトブキヤ アズールレーン イラストリアス(終わらないお茶会ver.)」でした。

Posted by マル