コトブキヤ アズールレーン プリンツ・オイゲン(百花繚乱ver.) レビュー

KOTOBUKIYA, アズールレーン

コトブキヤさんより発売された「アズールレーン プリンツ・オイゲン(百花繚乱ver.)」をレビューします。

大人気スマートフォン専用シューティングゲーム『アズールレーン』より、「プリンツ・オイゲン」が立体化されたものです。

今回は、通常バージョンの出で立ちではなく、お正月に実装された豪華絢爛たる「百花繚乱」スキンを着用したものです。

プリンツ・オイゲンの肉感的なところを余すところなく表現した一品です。

初回生産限定特典として、ペロッと舌を出したおちゃめな表情顔パーツも付属しています。

 

製品詳細

作品 アズールレーン
シリーズ PVC塗装済み完成品フィギュア
発売月 2019年06月
スケール 1/7
製品サイズ 全高 約140mm
価格 18,000円(税抜)
製品仕様 PVC塗装済み完成品フィギュア
素材 PVC(非フタル酸)・ABS・ポリエステル
原型製作 原型製作:ブレイン 製作協力:コトブキヤ

 

商品パッケージ

赤城や加賀の商品パッケージと比較すると、かなりコンパクトになりましたね。

体感的には半分くらいにまとまった感じです。

お正月テイストの意匠に、美麗なイラストと写真がプリントされています。

 

クッション

クッションというよりは、座布団みたいです。

 

全体

造形・彩色ともにいい出来です( ^ω^ )

着ている衣装自体が大胆なこともありますが、プリンツ・オイゲンの扇情的な部分と、時折見せる子供っぽさがよく表現されていると思います。

 

各部アップ

この蕩けきった表情が素晴らしい・・・( ˘ω˘ )

ほろ酔い状態を表現するために、頰にも少し強めにチークが入っています。

お胸の方も、衣装に収まりきらず横からはみ出してます(;*゚∀゚)=3

特徴の一つである胸の上のほくろもきちんと表現されています。

後ろ側は、艤装によってほぼ覆い隠されちゃいますね。

ムカデを連想するような、攻撃的なイメージの艤装です。

着物調の衣装も煌びやかさがあって、見栄えが良いです。

よく見たら、これ下半身ほとんどすっぽんぽんじゃないでしょうか( ^∀^)

前掛けが、肉感的な太ももに埋もれている表現も要注目です。

艤装の材質はプラスチックで、ムカデのような形状をしているわりには伸縮性がなく、わりとガッチリしています。

本体に取り付けるときに、壊れるかと思って、ヒヤヒヤしました(^_^;)

むっちりとした太もも。

指先まで丁寧にペイントされています。

ニーソの方も、光沢があっていい感じですね。

銀髪はクリアパーツのようですね( ˘ω˘ )

ちょうどいいくらいの色合いです。

衣装の袖は、左右で刺繍のデザインが全然違いますね。手が込んでいます。

 

フリーショット

 

まとめ

アズールレーンの中では、プリンツ・オイゲンはかなり好きな部類のキャラクターですが、通常の衣装バージョンではなく、限定スキンバージョンがいきなり出てきたのは驚きましたね。

造形・彩色ともによく、プリンツ・オイゲンのグラマラスなボディラインもよく表現できていたと思います。

こちらの限定スキンは見た目も煌びやかさがあって、飾り映えすると思うので、コレクション向きな作品と言えますね( ˘ω˘ )

以上、「コトブキヤ アズールレーン プリンツ・オイゲン(百花繚乱ver.)」でした。

Posted by マル