プラム アズールレーン 山城改 レビュー

PLUM, アズールレーン

プラムさんより発売された「アズールレーン 山城改」をレビューします。

大人気スマートフォンゲーム「アズールレーン」より、戦艦「山城改」がフィギュア化されたものです。

重厚な戦艦を模した艤装と、荘厳な和服の色彩が絡み合う素敵な一作となっています。

 

製品詳細

商品名:山城改
スケール:1/7スケール
全高:約160mm
定価:22,000円(税抜)
発売:2019年6月発売予定
仕様:PVC塗装済完成品

 

商品パッケージ

以前にも当サイトでレビューをした「ハムマン改」や「エルドリッジ」と同じ仕様の装丁ですね。

山城改のイメージに合わせて、明るめの紫色になっています。

 

ブリスター

フィギュア本体と台座。

これだけでもかなりの大作感がありますが、後ろの別ブリスターには、これでもかと言わんばかりの数のパーツが封入されています。

大変だぞ、こりゃ・・・(^_^;)

 

台座

「ハムマン改」「エルドリッジ」と同じく、六角形の台座ですね。

和服のイメージに合わせて、着物調の模様がペイントされています。

 

全体

なかなか全体撮影が難しい作品です(^_^;)

造形と彩色に関しては、問題はなさそうですが、パーツが多くて購入者泣かせなのが困りどころです(^_^;)

戦艦の艤装はやはりボリューミーですね、まるで重機並みです。

下に垂れた袖部分は、けっこう固めに作られているので、台座の上に載せるときはポキっといかないように注意が必要ですね。

 

各部アップ

まだ少女感の残ったあどけない顔立ちですね(・∀・)

管理人は気づきませんでしたが、眉毛の部分は以前に発表があったときよりも、微妙に修正されているみたいです。

お稲荷さんのお面やその下のリボンも色彩が綺麗です。

お胸も大きいですねぇ、絵に描いたようなロリ巨乳です( ˘ω˘ )

後ろからだと、ぴょこんとたったケモ耳が可愛いですね。

和服部分は綺麗に彩色されています。

紅白のしめ縄も綺麗に彩色されています。

なかなか重量感のある出来ですね。

大きなお胸も自然に垂れる感じではなく、重量物の上に載せたような形になっています

(*^▽^*)

戦艦が邪魔になっていますが、この和服はかなり際どいですね。

お尻も大きめに作られています。尻力高めです。

袖部分の彩色がスゴすぎるΣ(゚д゚lll)

かなり曲線のある造形ですが、どうやって彩色したんでしょうね・・・。

太ももはなかなか太ましく、中は確認できませんでした、残念。

ニーソの色も白色とあっさり目ですが、和服の煌びやかさで目がバカになってしまいましたので、これくらいが落ち着きます( ˘ω˘ )

 

フリーショット

 

まとめ

「アズールレーン」から山城改でした。

プラムさんから出る「アズールレーン」作品も、もう3体目になりましたね。

造形もよかったですが、今回の注目点はやはり和服の彩色ですかね。

黒色と金色の組み合わせは、高級感があって、衣装の煌びやかさを輝かせますね。

当サイトでも和服のフィギュアを過去に何度か扱ってきましたが、それらと比較しても、なかなかの上位に食い込んでくると思います。

プラムさんのアズレンフィギュアも、これでひと段落ついた感じでしょうか。

来年以降に、また新たに作品が追加されるのか、注目したいところです。

Posted by マル