猫受屋 WISTERIA 夜の魔女 リリス レビュー

Myethos, WISTERIA, オリジナル, 猫受屋

猫受屋さんより発売された「WISTERIA 夜の魔女 リリス」をレビューします。

新規フィギュアメーカーである「猫受屋」さんが発案し、Myethos社製作協力のもと、人気イラストレーターASKさんが描き下ろしたオリジナルイラスト『夜の魔女リリス』が立体化された作品です。

ダークな雰囲気と、子悪魔的なデザインにそそられ、今回入手してみました。

 

製品詳細

WISTERIA 夜の魔女 リリス
メーカー 猫受屋 (MAOSOUHOUSE)
塗装済完成品フィギュア
価格15000円(税別)
2019年5月発売予定
高さ約34cm

 

商品パッケージ

作品の印象に合わせ、黒い装丁の商品パッケージです。

ロゴやタイトルの色が金色な点も、高級感を感じることができて素敵ですね( ^ω^ )

 

ブリスター

前側のブリスターにはフィギュア本体と台座が格納されています。

後ろ側のブリスターには鎌、そして台座に取り付ける骨翼があります。

 

説明書

それほど難しくない設置方法に安心しました( ^∀^)

 

全体

全身をぐるっと。

フィギュア本体と台座は一体型でしたね。

出来は素晴らしいの一言!!とても新興メーカーが作った作品とは思えませんΣ(・□・;)

骨に絡まるツインテールなどはなかなか色っぽい表現だと思いますが、どことなく狂気を感じる表現でもあります。

 

各部アップ

独特な星型の瞳孔。厨二心をくすぐられます。

肌の彩色がとてもいい感じですね。

黒髪とコントラストが効いていて、より色白に感じることができます。

肩紐がないのも正解かもしれませんね。綺麗な鎖骨のラインがセクシーさを感じさせます。

お胸も大きくて嬉しい限りです(´∀`*)

後ろ姿は骨によって守られている(?)ため、見えにくいですね。

祭壇とのことですが、骨の主張が強すぎて、墓標に見えますね。

この骨の入り組んだ造形が、また結構すごいのです。

これだけでも飾って見ていたいぐらいです。

魅惑の絶対領域です。

スレンダーというイメージが強いキャラクターですが、お胸と太ももは肉付きがいいという、神プロポーションの持ち主のようです( ^ω^ )

ゴスロリファッションとパンクファッションの中間のような、面白い衣装ですね。

後ろの方の丈は長いので、お尻は少し隠れてしまいます。

衣装の裏地は赤色であるなど、表現は細かいです。

ハイヒールパンプスは、骨っぽいデザインになっていて面白いです。

骨を踏みつけております。

 

フリーショット

 

まとめ

夜の魔女リリスでした。

全体的に造形におけるカロリーが以上に高い作品でしたね。

見所が多いので、撮影していてなかなか楽しい作品でした。

フリーショットもいつもより枚数多めと、撮影が捗りました( ^∀^)

オリジナル作品は情報自体が少ないので、入手して見るまで「はずれ」かどうかわからない点が非常に怖いのですが、今回は間違いなく「あたり」だったと思います。

「猫受屋」さん。今後要注目のメーカーさんかもしれないですね。

以上、「猫受屋 WISTERIA 夜の魔女 リリス」でした。

Posted by マル