プラム アズールレーン ハムマン改 レビュー

PLUM, アズールレーン

プラムさんより発売された「アズールレーン ハムマン改」をレビューします。

こちらは、2018年7月に発売されたものが同年12月に再生産されたものです。

同時期に発売されたフィギュアを優先してしまったため、買い逃していましたが、この度ようやく入手することができました。

 

製品詳細

商品名 ハムマン改

スケール 1/7スケール

全高 約230mm

価格 15,800円(税抜)

発売 2018年12月再生産予定

仕様 PVC塗装済完成品

 

商品パッケージ

商品パッケージは、紫を基調とした装丁になっています。

暗い印象の背景のせいか、ハムマンの白さが映えますね(^_^)

 

ブリスター

フィギュア本体と台座。

付属物の艤装は分解されて封入されています。

あとは、本体を支えるための支柱が付いています。

 

説明書

主砲は旋回したり、角度を変えることもできるんですね。

 

台座

クリアな台座ですが、小枠以外にはボカシが入っています。

スマホ画面を意識したような造りですね。

 

付属物 支柱

本体を支える支柱です。

 

付属物 艤装

最初は、3つのパーツに別れています。

イラストでは見えない部分なので、なかなかに興味深いですね。

くっつけるとこうなります。

モビルアーマー感でてます(^o^;)

 

全体

全身をぐるっと。

造形・彩色ともによくできていますね。

ハムマン改はユニオン勢ですが、メイド服に似た衣装のせいで、ロイヤル勢に見えますね。

 

各部アップ

意外とキリッとしたお顔立ち。あらかわいい(´・ω・`)

アニメ調のむにゃむにゃ口も可愛く書けていますね。

衣装の黒い部分と、肌の色のコントラストが効いていて、色白な肌の印象を与えます。

後ろ髪は、やや淡白な作りでしたね。

猫耳がピンと立っていて、可愛いです(*´ω`*)

ところで、ハムマンはユニオン勢なのになんでケモミミがあるんでしょうね(´・ω・`)?

あとは、ツンデレの証、ツイテもちゃっかり実装済みです。

やや抵抗感のあるたくし上げ。

正直あまり期待はしていなかったのですが、衣装の方は、思ったよりいい感じに仕上がっていますね(^_^)

このへんは、イラストからは見えなかった部分ですね。

立体化して初めて見つかる箇所がある点も、フィギュア集めの醍醐味ですね(^_^)

魚雷の方はなぜか本体に付いているんですよね。

内側まで、細かく作られています。

あと個体差かもしれませんが、台座に差し込むときは穴が結構きついくて、苦労しました。

かかと部分の小さなプロペラにも注意が必要です。

うっかり見落として、台座に取り付けようものなら、ポッキリといきます。

(管理人はやってしまいました・・・OTL)

 

フリーショット

 

まとめ

作品自体はよくできており、可愛らしいハムマン改だったと思います。

今後、ヨークタウンのフィギュアが発売されたら、おそろいで飾ってみたいです。

問題は、本体の強度がわりと脆い点ですかね。

実は、ブリスターから本体を取り出したときの衝撃で、右腕の部分がポッキリといってしまいました。

(画像は、接着剤で接合したあとのものです。)

プロペラもやっちゃったし、年明け早々、幸先悪いです(TдT)

以上、「プラム アズールレーン ハムマン改」でした。

Posted by マル