グッドスマイルカンパニー オーバーロード アルベド レビュー

GOOD SMILE COMPANY, KADOKAWA, オーバーロード

グッドスマイルカンパニーさんより発売された「オーバーロード アルベド」をレビューします。

大人気最凶ダークファンタジー『オーバーロード』から、ナザリック地下大墳墓の守護者統括アルベドさんの登場です。

発表があってから、発売がかなり延期されていましたが、ようやく世に出てきましたね。

こちらは、キャラクター原案であるso-binさんのイラストをモチーフにして、立体化された作品とのことです。

 

製品詳細

商品名 アルベド

作品名 オーバーロード

メーカー グッドスマイルカンパニー

スケール 1/8

価格 16,296円 +税

発売時期 2018/08

原型 ehenmushi

彩色 Luu(グッドスマイル上海)

 

外箱

1/8スケールの作品にしては、やや大きめです。

背面のイラストが美麗です。

全体的に白っぽい紫を基調にした装丁になっています。

 

ブリスター

フィギュア本体と台座。付属物として翼があります。

パッケージ巨大化の原因は、翼だったみたいですね。

翼は分離式になっており、別のブリスターに格納されています。

 

中台紙

淡い色合いの紫色。

ダークファンタジーには紫色がよく合いますね(^_^)

 

説明書

翼を装着するためには、一度すべて外さないとダメみたいですね。

 

台座

石柱の先っぽ部分でしょうか?

若干、高度が発生しそうです。

 

全体

全身をぐるっと。

造形・彩色ともに素晴らしいです。

白と黒のコントラストも絶妙というほかないでしょう。

翼部分には驚くべきギミックがあったため、後述したいと思いますが、とにかくすばらしい出来です。

 

各部アップ

お顔はかなりいい出来ですね。

瑞々しさを感じられる口元や、溶けるような前髪の造形で、艶めかしいという表現がよく似合う造りになっています。

突き出したお胸も、破壊力抜群です。

アニメ第一期EDで、「こんな美女オーバーロードにいたっけ?」と言われてしまう始末のアルベドさんでしたが、もう誰にもそんなこと言わせないぜ(*´ω`*)

闇に溶けるかのような黒髪。

この長さで、この彫り込みの量は、なかなかすごいんじゃないでしょうか?

左右の角もいいアクセントになっています。

後ろから見ると、左右の角が耳あてみたいに見えて、なんか可愛いです。

ボディラインがよく分かるドレスですね。

フリル部分もこれだけの量があると、再現が大変だったでしょう(^_^;)

髪の先端は、グラデーションがかかっており、白っぽくなっています。

クリアパーツを使用しているみたいで、かなりいい味を出していますね。

そして・・・。

左右の翼。

こりゃ、すごいΣ(゚Д゚;)

当初は、プラスチック素材から削り取って翼の形に無理やり整えていると思っていたのですが、どうやらそうではないみたいです。

プラスチック素材なのは変わりないのですが、一枚一枚羽根がちゃんとヒラヒラするように作られています。

おそらく、羽根を一枚一枚丁寧に作った後に、翼にも同じように一枚一枚丁寧に貼り付けていったのではないかと。

こんなの初めて見ました。ヒエ~((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

飛ぶ寸前、といった感じの脚の配置。

アルベド自体もおそらく結構身長のあるキャラクターなので、石柱の高さも合わせると、それなりの高さになります。

ちらつく黒翼。

(なんか、キャラソンっぽい(^_^;))

 

フリーショット

 

中台紙で撮影

 

まとめ

度重なる発売延期のかいがあって、すばらしい出来に仕上がっています。

さすがグッスマさんですね。造形と彩色、どれも素晴らしい出来です。

今回の注目点は、やはり背中の黒翼ですね。

まさか一枚一枚羽根を作り込んでくるとは・・・。

まさに、悪魔的な出来栄えでした。

いろいろな表現をみると、インスピレーションを受けることができて、モチベーションが上がってきますよね。

いやー、ええもんみせてもろた(^_^)

以上、「グッドスマイルカンパニー オーバーロード アルベド レビュー」でした。

Posted by マル