コトブキヤ 妹さえいればいい。 白川京 レビュー

KOTOBUKIYA, 妹さえいればいい。

コトブキヤさんより発売された「妹さえいればいい。 白川京」をレビューします。

「妹さえいればいい。 可児那由多」に続いて、フィギュア化第2弾です。

本作品も、キャラクター原案・カントクさんが描き下ろしたイラストをモチーフに、再現したものです。

 

製品詳細

商品名 白川京

作品名 妹さえいればいい。

メーカー コトブキヤ

スケール 1/7

価格 13,800円(税抜)

発売日 2018年06月

原型 小島翔

 

外箱

那由多と同様に、パッケージのサイズは少々小さめです。

京のほうは、ピンクを基調とした装丁になっています。

 

ブリスター

フィギュア本体と台座のみのシンプルな構成です。

 

布団

布団を模した台座です。

上には、かばん・ソックスが取り付けてあります。

くぼみが4つあるので、両足の膝とつま先の4点で固定するようです。

 

説明書

スカートは取り外しできるようです。

 

全体

造形・彩色ともによくできていると思います。

恥じらった表情が可愛らしい作品ですね。

どことなく、状況に流されちゃってる感もよく表れていると思います。

 

各部アップ

困ったような表情がよく表現できていると思いますね。アイプリントも綺麗です。

前髪のパーツは細かく作られていますね。

手間が感じられる出来です。

そして、ノーブラ疑惑のかかった下乳が素晴らしいのです(*´ω`*)

ウェーブのかかった後ろ髪。

スジの掘り込みなどは細かく入り組んでおり、見事です。

髪全体の発色もよく、程よいツヤときめ細かさを感じることができてキレイです。

シャツの丈の長さは、若干違和感を覚えましたが、まあ許容範囲内でしょう(´-ω-`)

フリル付きのスカートです。

お腹のラインもキレイですね。

上半身でもなければ下半身でもない、あえて言うならば中半身をあらわにするという、なかなかフェチ心をくすぐるシチュです。

お尻の谷間が見えるー(*´ω`*)

京は、なかなかローライズな下着を着用している模様ですね。

足の踏ん張りの造形とかは何気に気に入っております。

 

フリーショット

 

中台紙で撮影

 

まとめ

なかなか面白いシチュの作品でしたね。

造形・彩色に関しては、よくできており、良作かと思います。

特に、頭部パーツは明らかに時間がかかっているな、と思えるような造り込みでした。

前回の那由多のパール塗装の髪も綺麗に感じましたが、今回の京も落ち着いた光沢感を残した深みのある塗装になっており、素晴らしく感じました。

もっとスポットがあたってもいい作品のような気もしますが、そのあたりは今後に期待ですかね。

以上、「コトブキヤ 妹さえいればいい。 白川京」でした。

Posted by マル