プルクラ 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 新垣あやせ レビュー

KADOKAWA, PULCHRA, 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。

プルクラさんより発売された「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 新垣あやせ」をレビューします。

等身大フィギュアメーカー「FIGUREX(フィギュレックス)」さんより発売された等身大「新垣あやせ」の1/6スケール版です。

等身大の方は、手が出ませんでしたので、こちらを購入です。

 

製品詳細

商品名 新垣あやせ

作品名 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。

メーカー プルクラ(PULCHRA)

スケール 1/6

価格 15,984円

発売日 2018年6月

原型 びーふる(PUSANカモメ)

 

外箱

商品パッケージは、白箱にタイトルやロゴをプリントしただけのシンプルな構成です。

 

ブリスター

なかなか大きめです。

フィギュア本体と台座のみのシンプルな構成です。

 

台座

こちらもシンプルなクリア仕様です。

 

全体

全身をぐるっと。

スカートの裾をたくし上げたポーズが、控えめに言って最高です(*´ω`*)

 

各部アップ

恥じらいを帯びた、困ったような表情。

お顔のペイントは、特に際立っているような箇所はなく、普通な感じです。

セーラー服はオーソドックスな作りになっていますが、樹脂の性質の問題なのか、ややプライズよりの質感ですね。

ちらりと見える耳が可愛いです。

黒髪も綺麗に作られていると思います。

本作のキモ、T・A・K・U・S・H・I・A・G・E!

普段真面目な子にこんなことされたら、世の男性方はイチコロでしょう。

両腕の部分ですが、本体とは製造工程が異なるのか、ライトの加減によっては発色が悪く、やや黄ばんだような色合いに見えます。

スカートが背景にあると、これが結構目立つので、かなり残念でしたね(^_^;)

スカートの出来もプライズっぽさが目立つかな・・・?

足元。ソックスやローファーの出来も普通ですね。

ソックスとの境目付近の発色も少し気になりますね。

 

フリーショット

 

まとめ

発想やポーズは素晴らしかったのですが、全体を通してみると、プライズ感が否めない出来映えでしたね。

制服の造形だけならば、まだ見どころがありますが、材質だけ見るとまさにプライズフィギュアと同じレベルでした。

個人的には、制服の出来よりも肌の黄ばんだような発色がとても気になります。

せっかくの数少ないあやせのフィギュアですが、満足できない方が多いかもしれませんね(^_^;)

以上、「プルクラ 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 新垣あやせ」でした。

Posted by マル