カドカワ ようこそ実力至上主義の教室へ 一之瀬帆波 お着替え中Ver. レビュー

KADOKAWA, ようこそ実力至上主義の教室へ

KADOKAWAさんより発売された「ようこそ実力至上主義の教室へ 一之瀬帆波 お着替え中Ver.」をレビューします。

 

発売から少し時間が経ってしまいましたが、ようやくレビューできそうです。

同じシリーズのスケールフィギュアも続々と発売されているため、続けてレビューしていく予定です。

 

まずは、1作目、「一之瀬帆波」からです。

 

製品詳細

商品名 一之瀬帆波 お着替え中Ver. (いちのせほなみ おきがえちゅうVer.)

作品名 ようこそ実力至上主義の教室へ

メーカー KADOKAWA

スケール 1/7

価格 12,900円 +税

発売日 2018年1月

原型 徳永史祥

制作協力 エムアイシー

 

外箱

外箱の撮影。

サイズ的には1/7スケール相応のものだと思います。

装丁にはクリア素材多めで、前後左右から中身が見えるようになっています。

 

ブリスター

ブリスターの撮影。

付属物は台座、及びコーヒー入りのマグカップです。

 

中台紙

中台紙。

 

台座

台座の撮影。

木目調のフローリングを意識した造りです。

 

付属物 マグカップ

緑色のマグカップ。

コーヒーらしきものが入っています。

 

全体

全身をぐるっと撮影。

健康的な雰囲気を感じられる出来です。

肉感的な感じがなかなかよく出ていると思います(*´ω`*)

 

各部アップ

たわわに実っております。

ネクタイを残しているところに、なんとなくあざとさを感じます。

長髪に隠れてほぼ前は見えない感じです。

下着は、造形と彩色のせいか、どちらかといえば「水着」というような印象を受けました。

腹筋の造形に、健康らしさを感じることができて、なかなかいいです。

マグカップは、人差し指に隙間があるため、簡単に取り外しができます。

毛先はグラデーションにより、やや紫っぽく変色。

よい足です。

 

フリーショット

上から見ると、破壊力増大です。

口のペイントは、よく見ると少々はみ出ているようです。

お胸が腕に乗っかっております(*´ω`*)

シャツの裾のところにボタンとラインがあるのは、細かい出来だと思いました。

リボンらしきものの塗りが少し甘く感じました。

後ろから見ると、もうほとんど水着ですね。

 

まとめ

抱いた印象としては、造形は素晴らしいが、彩色に少々難ありという感じです。

それほど背も高くないキャラクターだったと思いますが、高身長に感じられたのは、肉感的かつ健康的な肢体が、よく造形に表れていたからだと思います。

彩色に関しては、肝心な下着部分の塗りが甘かったことが少々残念でした。

次回も引き続き、よう実フィギュアのレビューになると思います。

(発売順から言うと、「堀北鈴音」ですね。)

以上、「KADOKAWA ようこそ実力至上主義の教室へ 一之瀬帆波 お着替え中Ver.」でした。

Posted by マル